コラーゲンの種類とコスメについて

魚コラーゲン、豚肉コラーゲン(コラーゲンの種類)

コラーゲンは大きく分けて二種類あり、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンがあります。

 

動物性コラーゲン・・・豚や牛などが原料
・熱に強く加工しやすい
・独特の臭いがある
・脂肪を含むので純度が低い

 

海洋性コラーゲン・・・魚の皮やうろこなどが原料
・アレルギーが少ない
・臭いがない
・熱に弱い

 

サプリや化粧品などに使われるコラーゲンは、近年海洋性コラーゲンが主流となってきています。その理由は、動物性コラーゲンは狂牛病の問題から安全性が懸念されたためです。しかし、海洋性コラーゲンは熱に弱いという特徴があるため、加工がしにくいのが難点でした。ところが、動物性と海洋性両方の欠点を克服した特徴を持つコラーゲンがあるんです。
それが、「すっぽんコラーゲン」です!

 

すっぽんコラーゲン
・臭いがない
・脂肪を含まず純度が高い
・熱に強い
・吸収率が極めて高い

 

まさに、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンのいいとこどりみたいなコラーゲンだといえます。

低分子コラーゲンと高分子コラーゲンの違い

自然界に存在する状態のコラーゲンは、高分子コラーゲンです。コラーゲンは、たくさんのアミノ酸が連なって紐のようになっているため、自然の状態だと分子が大きすぎてなかなか体に吸収されません

 

この高分子コラーゲンを、バラバラにして小さくしたもの低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)です。低分子コラーゲンは体に吸収されやすく、肌の角質層にまで届くという特徴があります。またコラーゲンペプチドは固まらないため、ドリンクや粉末状に加工することができます。

 

こうして見ると体に吸収されやすい低分子コラーゲンの方が良さそうですが、高分子コラーゲンにもメリットはあります。高分子コラーゲンを摂取すると、コラーゲンの一部は消化されないまま吸収されます。コラーゲンが消化されないことで、コラーゲンを形作るアミノ酸配列がそのまま残った状態で吸収され、コラーゲンの生成や免疫力の向上といった効果があるとされています。

 

すっぽんサプリに含まれているコラーゲンが低分子と高分子どちらであるかによって、目的とする効果がより得られやすいかどうかを判断することが出来ます。

 

低分子コラーゲン・・・しわ、たるみ、くすみの改善
高分子コラーゲン・・・疲労回復、免疫力向上、肌の保湿

コラーゲンのコスメ、美容液

使用されているコラーゲンが低分子か高分子かを知ることで、コラーゲンを含むコスメや美容液の正しい選び方を知ることが出来ます。

 

低分子コラーゲンは、肌に吸収されやすく角質層まで浸透するため、化粧水など、しわ・たるみ・くすみの改善アイテムにおすすめです。

 

高分子コラーゲンは吸収されにくい半面、保湿力に優れているためパックや美容液におすすめです。

 

それぞれの特徴を知り、自分の求めている効果が発揮されやすいものを選んでみて下さい。

 

すっぽんコラーゲンのおすすめサプリランキングへ戻る

関連ページ

コラーゲンの仕組みと効果
コラーゲンの仕組みと人の肌について説明しています。またコラーゲンを摂取するとどんな効果があるのかまとめました。